うざいMicrosoftTeamsを削除する方法

いつのまにかのアップデートで入り込んでしまっている「MicrosoftTeams」ですが、使う予定もないのにWindowsの起動時に毎回自動でサインイン画面が表示されるようになりました。

microsoftTeams

使うつもりもないのに毎度毎度Windowsの起動時に表示されると鬱陶しいですよね。

そこで、必要のないMicrosoftTeamsの削除もしくは、自動で起動しないようにする方法について解説します。

スポンサーリンク

Microsoft Teamsを削除する方法

Microsoft Teamsに関わるアプリケーションの削除と別にレジストリキーの削除が必要な場合があります。

以下のアプリを通常のアプリをアンイストールするのと同じようにアンイストールします。

アプリケーションの削除

「Microsoft Teams」
「Teams Machine-Wide Installer」

microsoftteamsアンイストール
Teams Machine-Wide Installerアンイストール

レジストリキーの削除

上記のアプリケーションを削除しても再起動後、またMicrosoft Teamsが起動する場合はレジストリキーの削除が必要です。

間違ったレジストリキーの削除するとWindowsのシステムに不具合が発生する可能性があるので、触るのが怖いなぁって思う人は削除ではなく、自動で起動しないようにする方法を試してください。

キーボードのウインドウズキーを押して、「regedit」と入力しレジストリーエディターを起動させます。

以下のレジストリーキーを削除します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run\TeamsMachineInstaller

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run\com.squirrel.Teams.Teams

スポンサーリンク

Microsoft Teamsの自動起動を無効化

上記の方法でうまくいかない場合は、アンイストールを諦めてMicrosoft Teamsが自動で起動しないようにする方法で対処します。

「タスクマネージャー」→「スタートアップ」
→「Microsoft Temas」の項目を右クリックし「無効化(D)」をクリック

microsoftTeamsスタートアップ無効化

タスクマネージャーの起動方法は、画面下部のアイコンが並んでいるバーの何もない部分で右クリックするとタスクマネージャーの項目が表示されます。

これでアンイストールしなくても次の起動時からMicrosoft Teamsが起動しなくなります。

タイトルとURLをコピーしました