【echo】関数WordPressのテーマを改造前の基礎①

echo関数は文字列や変数を出力します。

 

スポンサーリンク

文字列だけを出力する場合

print関数と同じです。
文字列で出力したいところを “(タブルコーテーション) で挟みます。
文字列または変数を続けて書く時は .(ドット) を間に入れます。

php

<?php
echo“echoテキスト”;
?>

␣はスペース

 

出力されたHTML

echoテキスト

 

スポンサーリンク

変数を出力する場合

先に表示させたい変数に値を入れておきます。

php

<?php

$a = “abc”;
$b = “XYZ”;

echo $a ;
echo $b ;
echo $a.$b ;

?>

 

出力されたHTML

abcXYZabcXYZ

 

スポンサーリンク

文字列と変数を同時出力する場合

文字列と変数をechoで同時に記述し出力することが出来ます。
文字列または変数を続けて書く時は .(ドット) を間に入れます。

php

<?php

$a = “abc”;

echo $a.”文字列” ;

?>

出力されたHTML

abc文字列

 

スポンサーリンク

改行して出力する場合

改行するにはHTMLと同じように<br>を入れるのですが、文字列と同じように“(タブルコーテーション)で挟みます。

php

<?php

$a = “abc”;

echo $a.”<br>”.’文字列’ ;

?>

出力されたHTML

abc
文字列

 

スポンサーリンク

よくあるEOFの記述の仕方

“(タブルコーテーション)  ’(シングルコーテーション) をあっちこっちにいれると、どこからどこまでかがわかりにくくなります。

echo <<<EOF
EOF;

で挟むと“(タブルコーテーション)  ’(シングルコーテーション) を使用しなくても文字は文字列、変数は{}で囲む事でそのまま記述できます。

php

<?php

$a = “abc”;
$b = “XYZ”;

echo <<<EOF

{$a}{$b}を同時出力

EOF;

?>

出力されたHTML

abcXYZを同時出力

タイトルとURLをコピーしました