デュアルディスプレイから作業がはかどる31.5インチ3Kモニター1台に変更

私は高スペックを必要とするゲームや、動画を加工したり処理をするわけではないので、実はモニターは1台でも問題ありませんでした。
今までは、

「デイトレーダーみたいに、

たくさんのモニターを設置している机ってかっこいいよね!」

っていう自己満の為に、24インチモニターを横に3台並べて使用していましたが、サイズを大きくした1台にした方がいいかを考えた結果、解像度も高くした(WQHD 2560×1440)31.5インチモニターにしました。

 

I-O DATA WQHD モニター ディスプレイ EX-LDQ321DB (WQHD[2560×1440]/広視野角ADSパネル/DisplayPort/スピーカー付/3年保証/土日もサポート)I-O DATA WQHD モニター ディスプレイ EX-LDQ321DB (WQHD[2560×1440]/広視野角ADSパネル/DisplayPort/スピーカー付/3年保証/土日もサポート)

 

スポンサーリンク

家のパソコン環境を三台のモニターを一台のモニターにしたい

デュアル(2台)ディスプレイまでなら視野内に収まるのですが、トリプル(3台)ディスプレイになると、ほぼ1台分の画面は見れなくなります。

今まで24インチのモニターを3台横に並べて使用していました。
横一列ではなく両サイドのモニターは角度をつけて中央を向かせてますが、視野に入るのはそれでも2台が限界です。

人は左から右を見るので、正面を見ている時は左のモニターがほとんど目にうつりません。

↓こんな感じ

24インチトリプルディスプレイ

 

気にしてはいませんでしたが、おそらく電気代もまぁまぁかかっているでしょう。

 

関係ないですけど、
両脇にあるスピーカーは、もらい物の「JBL 4312XP」です。
とにかくでかく、L字デスクの半分ぐらい場所を取られます。
普通の家なので、本来の力を発揮させるほどの音量は出したことがないですが、いい音出します。
ウーファーいらずの重低音が出るのお気に入りです。
(モニターよりも、コッチの方が電気消費量多いかも…)

両サイドのモニター台は自作しました。

 

スポンサーリンク

高解像度、大画面モニター1台にするメリット

高解像度の大画面モニター1台の方が便利なのかな?
それよりも、マルチディスプレイにする方が便利なのかな?

どちらがいいかは、好みでいいと思います

そこで、私が高解像度、大画面モニター1台にした方がいいと思った理由をまとめてみました。

 

導入コストは、あまり変わらない。

24インチクラスを2台購入しようと考えているなら、27インチ以上のWQHD 2560×1440モニターをオススメします。

なぜなら、コストはあまり変わらないからです。

 

購入費を比較した場合

設置がラクで場所を取らない。

机のサイズ制限がある場合、1台にすることで1台のベゼル分だけスペースが少なくなります。

また、2台分になることで配線をまとめる必要や電源コンセントを余分に用意しないといけなかった事が、1台分の配線ですみます。

 

スポンサーリンク

やっぱりモニターは1台の方がよかった!

解像度をWQHD(2560×1440)にすることで、モニター1台で十分と実感しました。

32インチだと大きすぎるかな?と、思いましたがすぐに慣れるもんですね。

むしろベゼルが無い分快適です!
31.5インチにすることで、文字表示の大きさがちょうどよく、視線の移動が楽です。

ガススプリング式モニターアームが便利

今までに使用していた24インチモニターを捨てるのは勿体無いと思い、1台だけ残しました。
ついでに、ガススプリング式モニターアームをつけて、縦にも横に向けれたり、位置の移動を簡単できるようにしています。

 


グリーンハウス 少ない力で画面を自在に移動できるガススプリング式液晶ディスプレイアーム 4軸 GH-AMCD01

ガススプリング式液晶ディスプレイアーム 上下移動

ガススプリング式液晶ディスプレイアーム 回転

グリーンハウス 少ない力で画面を自在に移動できる
ガススプリング式液晶ディスプレイアーム 4軸 GH-AMCD01

仕事場でも使用して、とても使い勝手がよかったので同じものを購入しました。
通常の固定するアームと違い、軽い力で上下左右に動かす事ができます。

システム関係の人間は、縦向きにすることでログなどを追いかける時に、便利といってました。

私はログを見ることが無いので、縦に向けても横に向けても、Youtubeを再生画面です。
むしろ縦に向けるとメインの動画が流れてる部分が小さくなり、コメントばっかりが場所を取ってしました。

 

スポンサーリンク

そもそも3K WQHD(2560×1440)のモニターを選んだ理由

実は、WQHD(2560×1440)表示のノートパソコンを会社で使用していました。

文字が小さすぎて嫌がる人も多いですが、自分にとって13.3インチのノートパソコンのくせサブモニターがいらないと感じるほど、画面の表示領域を広く使えます。

例えば、Word pressの管理画面を触ることが多いので、
画面半分にWord pressの画面を出し、もう半分に実際のページを表示しても全てが表示する事ができます。

 

wordpressとプレビューを分割表示

 

word pressに以外にも実際に使用すると、マルチディスプレイと違った使いやすい部分が見えて来ると思います。

マルチディスプレイの場合は、別の画面へウインドウを最大化するだけで対象のウィンドウ全体がすぐ表示されます。

しかし、モニター1台だとウインドウサイズの調整が必要になるので手間に感じる場合もありましたので、ここらへんが1台で運用するかマルチディスプレイで運営するかの好みが分かれる部分だと思います。

 

 

タイトルとURLをコピーしました