php7.3から新しいphpへの変更時に起きるWordPressのエラー対処方法

wordpress データーベース接続確立エラー対処方法

WordPressのダッシューボードに入ると使用しているphpが古くなったようで、

「安全ではないバージョンのPHPを使用している」

というメッセージが表示されていました。

今まで通りエックスサーバーのサーバーパネルへログインし、現在使用しているphpのバージョン(7.3.33)からを新しいphpのバージョン(7.4~)に変更すると、

「データベース接続確立エラー」に…。

「php 7.3.33」以降のphpのどのバージョンに変更しても同じ症状でした。

色々、調べた結果

「データベース(MySQL)のパスワード形式が古いらしい」

「プラグインが新しいphp対応していない」

ことが原因でした。

原因と対象方法がわかったので説明します。

エックスサーバーを利用しているので、エックスサーバーの管理画面で説明します。

他のサーバーも表示画面は違いますが、やることは同じなので参考にしてください。

データベースのパスワードを再設定する

エックスサーバーのサーバーパネルにログインし、「データベース」の項目の「MySQL設定」へ進む。

エックスサーバー サーバーパネル管理画面

上のタブの「MySQLユーザー一覧」をクリック。

エックスサーバーMySQL設定

今回エラーが起きたWordpressのMySQLに設定しているユーザー名のパスワードを変更するので、対象の「MySQLユーザー」の変更ボタンをクリック。

エックスサーバーMySQLユーザー一覧

変更したいMySQLユーザー名がわからない場合は、サーバーの中にある「wp-config.php」を見るとわかります。

wp-config.php

ファイルの場所:/public_html/wp-config.php

好きなパスワードへ変更し、右下の「確認画面へ進む」をクリック。

エックスサーバーMySQLユーザーパスワード変更画面

この時点ではパスワードの変更は完了していないので、再度、変更したい場合は「戻る」で再入力してください。

エックスサーバーは親切で、MySQLユーザーのパスワードを変更すると同時にWordPressのDB接続設定ファイル「wp-config.php」の変更も自動的に変更してくれます。

その他のサーバーは「wp-config.php」にあるデーターベースのパスワードの変更が必要

エックスサーバーMySQLユーザーパスワード変更確認画面

この作業が終わったら、正常にサイトが表示されるか確認してみてください。

だめなら、次はプラグイン問題です。

プラグインが新しいphpに対応していない

「このサイトで重大なエラーが発生しました。対応手順については、サイト管理者のメール受信ボックスを確認してください。」と表示されたら、プラグインが原因の可能性があります。

phpバージョン プラグイン問題

使用中のプラグインが新しいphpのバージョンに対応していないことが原因といいましたが、アップデートで新しいphpに対応してくれるプラグインもあります。

念のため、ダッシュボードからプラグインのページに移動し、更新可能なプラグインを更新してみてください。

『そもそも、エラーで見れないよ。』という方はエックスサーバーで変更したphpのバージョンを正常にサイトが見れていたバージョンへ戻せばOK。

プラグインを最新にアップデートさせたら、再度、エックスサーバーの管理画面から変更したいphpバージョンへ変更してサイトを確認してみてください。

正常に表示されれば、OKです。

これ以外の考えられる原因

これでも、だめならプラグインをひとつ、ひとつ停止させてエラーの起きるプラグインを探すことになります。

現在、Wordpress6.1.1でphpバージョンは8.1.12で正常に動いています。